Photo Photo Photo Photo Photo Photo

有機合成と微生物材料を組み合わせた機能性分子材料の創製

当研究室では特殊構造高分子の合成法や刺激応答性,導電性を有する機能性高分子の開発, ブロック共重合体の合成と相分離挙動の解析,機能性を有する環境循環型高分子材料の創製とその応用を行っております。


『「今行っていることは学生のためになっているのだろうか?」と自問自答を繰り返しながら、
 高分子の研究を通じて理想の教育を追求していきたい。』(佐藤)

 2013年4月に佐藤敏文教授と田島健次准教授により分子材料化学研究室が発足し、 2016年4月からは高分子化学研究室として活動しています。分子材料化学研究室立ち上げ当初の研究活動や研究運営について こちらに紹介していますのでご覧ください。
お問い合わせページ
創成研究事業に関するインタビュー記事(北海道大学「リサーチタイムズ」2021年5月 掲載記事)

研究室紹介動画(2022)


日本語版𝕏アカウントはコチラ

Information

高分子化学講座創立60周年記念講演会・祝賀会

高分子化学講座創立60周年を祝って、後援会と祝賀会が開催されました。
たくさんの卒業生ならびに関係の皆様のおかげで、大盛況のうちに終了することができました。 また、この度は多くの方々から寄付金を賜りましたことに心から感謝申し上げます。皆さんの温かいご支援により、同窓会の開催や運営を円滑に行うことができました。
ご支援いただきましたこと、誠に感謝いたします。


写真はコチラ!

博士論文公開説明会

Gao (D3) の博士論文公開説明会が行われ、終了後にお祝いの会を開きました!
写真はコチラ!

論文公開 award

太田(M2)、鈴木(D3)の研究成果がMacromoleculesに掲載されました (IF=5.5)。
有機塩基触媒による環状酸無水物とオキセタンの開環交互共重合系を確立しました。また、本重合系をセルフスイッチ重合へと適用することでブロック共重合体のワンポット・ワンステップ合成を達成しました。
"Organobase-Catalyzed Ring-Opening Copolymerization of Cyclic Anhydrides and Oxetanes: Establishment and Application in Block Copolymer Synthesis"

新年度スタート!

新年度がスタートしました!
今年度から新たにB4が4人、M1が1人、D1(ダブルディグリー)が1人加わりました。
これからよろしくお願いします!
写真はコチラ!

論文公開 award

ハルビン工程大学の張先生との共同研究の成果が JJournal of Power Sourcesに掲載されました(IF=9.2)。
"Construction of Novel Coaxial Electrospun Polyetherimide@Polyaniline Core-shell Fibrous Membranes as Free-Standing Flexible Electrodes for Supercapacitors"

▼ 2023年度(クリックで展開)
▼ 2022年度(クリックで展開)
▼ 2021年度(クリックで展開)
▼ 2020年度(クリックで展開)
▼ 2019年度(クリックで展開)
▼ 2018年度(クリックで展開)
▼ 2017年度(クリックで展開)
▼ 2016年度(クリックで展開)
▼ 2015年度(クリックで展開)
▼ 2014年度(クリックで展開)
▼ 2013年度(クリックで展開)