Photo Photo Photo Photo Photo Photo

有機合成と微生物材料を組み合わせた機能性分子材料の創製

当研究室では特殊構造高分子の合成法や刺激応答性,導電性を有する機能性高分子の開発, ブロック共重合体の合成と相分離挙動の解析,機能性を有する環境循環型高分子材料の創製とその応用を行っております。


『「今行っていることは学生のためになっているのだろうか?」と自問自答を繰り返しながら、
 高分子の研究を通じて理想の教育を追求していきたい。』(佐藤)

 2013年4月に佐藤敏文教授と田島健次准教授により分子材料化学研究室が発足し、2016年4月からは高分子化学研究室として活動しています。分子材料化学研究室立ち上げ当初の研究活動や研究運営についてこちらに紹介していますのでご覧ください。
 「For the Students」(高分子学会誌「高分子」63巻1月号2014年 掲載記事)

告知:2nd Asian-French Workshop on Polymer Science (AFW2019) のお知らせ
2019年7月18日から21日の期間でアジアーフランスワークショップ (AFW2019) が行われました。
会期中の写真を以下HPにアップロードしました。 ホームページはコチラ!

International Symposium on Biopolymer Synthesis and Degradationaward

7月29日に、International Symposium on Biopolymer Synthesis and Degradationが北大で行われました。当研究室からは青島(M1)と二之湯(M1)が参加し、ポスター発表を行いました。二之湯(M1)はポスター賞を受賞しました。

写真はコチラ!

Japan-Taiwan Bilateral Polymer Symposium 2019award

7月23日から7月27日にかけて、Japan-Taiwan Bilateral Polymer Symposium 2019 (JTBPS2019) が島根県くにびきメッセで行われました。JTBPSは日本と台湾の2国で毎年開催している共同シンポジウムで、今回で10回目でした。当研究室からは小林(D1)と間藤(D1)が参加し、ポスター発表を行いました。間藤(D1)はポスター賞を受賞しました。

写真はコチラ!

杨家鑫さん、熊健力さん来日

長春理工大学(中国)から杨家鑫さん(Yang Jiaxin)と熊健力さん(Xiong Jianli)が来日しました。当研究室に約1ヶ月半滞在します。

2nd Asian-French Workshop on Polymer Scienceaward

7月18日から7月21日にかけて、当研究室主催で2nd Asian-French Workshop on Polymer Science(AFW2019)が行われました。当研究室からは多くのメンバーが参加し、ポスター発表を行いました。Li-Che(D2)、Dai-Hua (D1)、高木(M2)、青島(M1)、貝沢(M1)はポスター賞を受賞しました。

写真はコチラ!

セルロース学会第26回年次大会

7月11日から12日にかけてセルロース学会第26回年次大会が福岡大学で行われました。当研究室からは青島(M1)と二之湯(M1)がポスター発表を行いました。お疲れさまでした。

論文公開award

Brian (D3) の論文がMacromolecules (ACS) に公開されました。シンクロトロンX線散乱により、薄膜状態でロタキサン含有ブロックポリマーが形成するモルフォロジーを解明しました。
"Macromolecular [2]Rotaxanes Linked with Polystyrene: Properties and Nanoscale Film Morphologies"

楊濰甄さん、莊宗翰さん来日

国立台湾大学(台湾)から楊濰甄さん(Wei-Chen Yang)と莊宗翰さん(Tsung-Han Chuang)が来日しました。当研究室に約2週間滞在します。

Hsin-Lung Chen先生来日

国立清華大学(台湾)からHsin-Lung Chen先生にお越しいただき、講演会をしていただきました。

写真はコチラ!

饒芝郡さん来日

国立台北科学技術大学(台湾)から饒芝郡さん(Jao Chih-Chun)が来日しました。当研究室に約2ヶ月滞在します。

三菱ケミカル柴田さん

三菱ケミカルから柴田さんにお越しいただき、講演会をしていただきました。

写真はコチラ!

ラーニングサテライトaward

6月10日から6月14日にかけて、台湾でラーニングサテライトが行われました。当研究室からは小林(D1)、青島(M1)、二之湯(M1)、貝沢(M1)、藤原(M1)、周東(M1)が参加し、訪問先の大学で口頭およびポスター発表も行いました。小林と周東は優秀ポスター賞を受賞しました。

写真はコチラ!

Borsali先生来札

フランスのCERMAVからBorsali先生がいらっしゃいました。ジンパを開催しました。

写真はコチラ!

第68回高分子学会年次大会

5月29日から31日にかけて第68回高分子学会年次大会が大阪府立国際会議場で行われました。当研究室からはBrian(D3)、Li-Che(D2)が口頭発表、磯野先生、田中(D2)、勝原(M2)、藤原(M1)、貝沢(M1)がポスター発表を行いました。お疲れさまでした。
写真はコチラ!

ソフトボール大会二回戦

今年も研究室対抗ソフトボール大会が始まりました!シードのため二回戦からの出場となり、界面電子化学研究室と対戦しました。

写真はコチラ!

論文公開award

吉田(2018年度卒)の論文がPolymer Chemistry (RSC) に公開されました。PMMAのω末端選択的エステル交換反応に基づき、リソグラフィーマスクとして有望なPS-PMMAに対し種々の官能基やポリマーを導入することに成功しました。
"Installing a functional group into the inactive ω-chain end of PMMA and PS-b-PMMA by terminal-selective transesterification"

三浦先生来札&ジンパ

当研究室OBの三浦先生(東工大)がいらっしゃいました!また、今年度初のジンパを行いました!

写真はコチラ!

Cedricさん来日

モンペリエ大学(フランス)からCedric Vevertさんが来日しました。当研究室に約3か月滞在します。

Synfacts 掲載award

渡部 (D3) の論文がSynfacts にハイライトされました!
"Honey, I Shrunk the Polymers"

論文公開award

齋藤(2018年度卒)の論文がACS Sustainable Chemistry & Engineering (ACS) に公開されました。天然由来化合物であるトリメチルグリシンを触媒として、ポリカーボネートの実用的合成法を確立しました。
"Trimethyl Glycine as an Environmentally Benign and Biocompatible Organocatalyst for Ring-Opening Polymerization of Cyclic Carbonate"

Jiangさん、Wangさん来日

台北科学技術大学(台湾)からJhih-Yi Wangさん、国立台湾大学(台湾)からDai-Hua Jiangさんが来日しました。

Wangさんは約二ヶ月、Jiangさんはダブルディグリープログラムのため約2年滞在します。

4年生配属

4年生が配属になりました。

▼ 2018年度(クリックで展開)
▼ 2017年度(クリックで展開)
▼ 2016年度(クリックで展開)
▼ 2015年度(クリックで展開)
▼ 2014年度(クリックで展開)
▼ 2013年度(クリックで展開)