Photo Photo Photo Photo Photo Photo

有機合成と微生物材料を組み合わせた機能性分子材料の創製

当研究室では特殊構造高分子の合成法や刺激応答性,導電性を有する機能性高分子の開発, ブロック共重合体の合成と相分離挙動の解析,機能性を有する環境循環型高分子材料の創製とその応用を行っております。


『「今行っていることは学生のためになっているのだろうか?」と自問自答を繰り返しながら、
 高分子の研究を通じて理想の教育を追求していきたい。』(佐藤)

 2013年4月に佐藤敏文教授と田島健次准教授により分子材料化学研究室が発足し、2016年4月からは高分子化学研究室として活動しています。分子材料化学研究室立ち上げ当初の研究活動や研究運営についてこちらに紹介していますのでご覧ください。
 「For the Students」(高分子学会誌「高分子」63巻1月号2014年 掲載記事)

Information

論文公開award

磯野助教の論文がMacromolecules (ACS)に掲載されました。天然由来のオリゴ糖とポリエステルからなるブロック共重合体を合成し、従来の石油由来材料に匹敵する特性を備えた熱可塑性エラストマーとして利用できることを示しました。
"Carbohydrates as Hard Segments for Sustainable Elastomers: Carbohydrates Direct the Self-Assembly and Mechanical Properties of Fully Bio-Based Block Copolymers"

論文公開award

Brian特任助教の論文がACS applied materials & interfaces (ACS)に掲載されました。抵抗性メモリ材料として高い性能を示す酸素含有ポリマーを合成しました。
"Chemically Controlled Volatile and Nonvolatile Resistive Memory Characteristics of Novel Oxygen-Based Polymers"

論文公開award

勝原(D1)の論文がPolymer Chemistry(RSC)に掲載されました。オリゴ糖鎖とメタロポリマーからなるブロック共重合体を合成し、メタロポリマー含有ブロック共重合体で世界最小のミクロ相分離を達成しました。
"Metallopolymer-block-oligosaccharide for sub10 nm microphase separation"

マスク

当研究室卒業生のYao Zhangさんが中国から多くのマスクを送ってくださいました。全員で大切に使用したいと思います。ありがとうございました。

新メンバー加入

今年度はB4が4人、M1が2人当研究室に配属されました。
また、昨年度博士課程を卒業したBrianが特任助教として着任いたしました。

写真はコチラ!


▼ 2019年度(クリックで展開)
▼ 2018年度(クリックで展開)
▼ 2017年度(クリックで展開)
▼ 2016年度(クリックで展開)
▼ 2015年度(クリックで展開)
▼ 2014年度(クリックで展開)
▼ 2013年度(クリックで展開)